家庭でのムダ毛処理について

自宅でむだ毛の処理の仕方

家庭用脱毛器の種類考える

家庭用脱毛器には様々な種類があるので、家庭用脱毛器を購入するのも方法ですが、その前に家庭用脱毛器の違いを知っていただきたいと思います。

フラッシュ脱毛処理を行う家庭用脱毛器もあります。毛根に対して、ダメージをしっかり与え、照射面積も広く、時間も比較的短く済む方法です。今家庭用脱毛器でも、痛みもそれほどなく、全身脱毛も可能な方法もあります。 インテンスパルスライトという光エネルギーを使って脱毛処理を行う方法です。それはレーザー脱毛処理よりも肌に優しい方法と言われています。家庭用脱毛器ケノンなどとても評価が高い脱毛器です。

レーザー家庭用脱毛器

一方では家庭でも行うことが出来るレーザーの家庭用脱毛器があります。レーザーではメラニン色素等の黒色や茶色に反応して毛根にダメージを与えて行きます。脱毛クリニックで使用されているものもレーザーという方法ですが、もちろん、その程度の強さはなく、家庭でも安心して使用することが出来る機械です。

フラッシュに比較をすれば照射面積は狭くなり、それだけ時間は短くて済む方法です。レーザーも家庭で使用出来るものゆえ、安全性も問題はありませんが、同じ箇所を続けて照射することによって火傷の可能性もあるので注意をしてください。

サーミコン方式を採用している家庭用脱毛器もあり、サーミコン方式とは、熱線で熱エネルギーを発生させて、ムダ毛をカットさせる方法です。ただしそれは脱毛処理というよりは除毛に近い発想かもしれません。ここに熱処理を行っているためにカミソリのようなチクチク感はありません。毛を抜くと言うよりも毛をカットするというイメージの強い家庭用脱毛器です。ヤーマン(株)のno!no!ヘアなど、そのような家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器にもいろいろな種類があるので、ちょっとみなさんも時間を割いて、更に家庭用脱毛器の追求をしていただきたいと思います。もちろん家庭用脱毛器も脱毛処理のための一つの有効的な方法です。

サーミコン式脱毛器の使い方

「サーミコン式」と呼ばれる熱線式の脱毛器は、そるタイプや抜くタイプのものとは違って、ムダ毛を熱処理するタイプの脱毛器です。

大きな特徴として、毛先が熱により丸くカットされるため、カット後にチクチクしません。サーミコン式の脱毛器は、ビキニラインのムダ毛の処理に向いています。

ただ、ほかの部分を処理する場合には、熱線が熱くなるため、使用方法が難しい脱毛器です。ビキニラインの場合は、肌表面までムダ毛をカットする必要がないので、それほど肌に近づけなくても、好きなデザインにカットできるというメリットがあります。

うぶ毛の処理

サーミコン式の脱毛器は、太いムダ毛の脱毛には向きませんが、細いうぶ毛の処理に向いています。たいていの脱毛器は、細いうぶ毛の処理用としては作られていないので、サーミコン式の脱毛器を持っていると便利です。

熱エネルギーで脱毛するので、何度かうぶ毛を脱毛しているうちにしだいに薄くなってきます。

サーミコン式脱毛器がほかの脱毛器ほど普及しない理由には、利用が限られていることがあげられます。しかし、長い年月に渡り販売されているということは、それだけ利用者がいるということでしょう。使い方によっては便利な脱毛器ですから、上手に利用してください。

サーミコン式脱毛器の注意点

サーミコン式脱毛器は、肌に炎症のある人やアトピー性皮膚炎のような肌トラブルを抱えている人はご利用になれません。脱毛器の使用上の注意に明記されていますから、使う前には「取り扱い説明書」をよく読んでからご利用になるとよいでしょう。

サーミコン式脱毛器でヤケドしないように、肌をすぐに冷やすことのできるタオルや保冷剤などを用意してから、脱毛するといいかもしれません。利用する時間は短時間にして、使った後は必ず肌を保湿、スキンケアを念入りに行うことです。

サーミコン式脱毛器を使用する際には、肌との距離に注意しましょう。ご利用になる際には、くれぐれもヤケドに気をつけてください。