家庭でのムダ毛処理について

自宅でむだ毛の処理の仕方

VIO脱毛をやはり女性は意識している

女性のみなさんが脱毛処理を意識していることは当然のことです。女性のみなさんが脱毛処理をワキ脱毛だけ行って満足してるいるのかと言えば、決してそうではありません。

夏場に水着を着る機会も大変増えて、その都度デリケートゾーンのお手入れなど考えるととても憂鬱になってしまっている人たちも多くいます。でも、水着で魅力をアピールするために絶対にデリケートゾーンのお手入れを無視することは出来ず、だから面倒くさいから水着を着ないというのは理由は理解出来るものの果たして正解なのでしょうか。

家庭用脱毛器を購入すれば、もっと便利な脱毛処理が出来るかもしれません。家庭用脱毛器では、フラッシュ脱毛であればVIO脱毛が取り敢えず可能です。ただし、メーカーがVIO脱毛、ハイジーナ脱毛を推奨していないケースも多いので注意が必要です。

VIOのラインは、デリケートゾーンと呼ばれる場所であり、尚更注意をしなければならない場所です。鏡で確認しながら、脱毛処理を行うことが出来たとしても、なかなか体力も必要であり、ずれるということも起こります。本当のことを言えば、VIO脱毛だから、パートナーが必要であり、恥ずかしいかもしれませんが旦那さんなどに協力してもらうことによってより確実になります。

家庭用脱毛器も進化した

昔なら声を揃えて脱毛サロンがいいと言うに決まっていた訳ですが、段々と家庭用脱毛器でも、脱毛サロンと変わらないようなものが誕生するようになって来ました。旦那さんをパートナーにすることは恥ずかしいことかもしれませんが、脱毛サロンでスタッフにデリケートゾーンを見られることの方がもっと恥ずかしいことなのではないでしょうか。

家庭用脱毛器は、生えてこない脱毛処理を基本目指して行くものであり、家庭用脱毛器以外の自宅で行う、抜く、焼く、切るという行為とは違うものです。定期的に処理をしなければならない姿勢が肌を傷めてしまうのです。

ムダ毛を脱色して金色に

ムダ毛は黒だから目立ちますが、うぶ毛のような金色であれば、それほど気にならないのではないでしょうか?

脱色クリームはヘアカラーと同じで、ムダ毛に塗ることでブリーチする方法です。脱色クリームの使用方法は除毛クリームとほぼ同じで、お風呂場などでムダ毛に塗って数分間待つだけで、洗い流せばムダ毛は金色になっています。

ただ、これもまた刺激の強い薬剤なので、肌の弱い人は肌のやわらかい部分に塗って、赤くならないかテストしてから使うようにしましょう。刺激はありますが、脱色クリームは体毛をそるわけではないので、カミソリで肌に傷がつくようなこともなく、除毛クリームよりは肌に負担の少ない方法です。

脱色クリームのデメリット

ムダ毛が目立たなくなるのは脱色クリームのメリットですが、デメリットはじきに下から黒いムダ毛が生えてくることです。

塗ってからひと夏持つかどうかは、微妙なところです。髪の毛に塗るヘアカラーと同じです。髪の毛の場合も、ヘアカラーを使ってしばらくすると地肌部分の色が変わってしまいますよね。ヘアカラーを面倒じゃないと思える人なら、マメに脱色クリームを使ってムダ毛を脱色できるかもしれません。

ところで、ムダ毛の生えるスピードですが、生えるのが早い場所と遅い場所があります。ワキの下より太ももなどの方が、ムダ毛が生えるのは遅いようなので、遅い部分に使った方がいいように思います。

脱色クリーム向きの人

脱色クリームのご利用には、向いている人と向かない人がいらっしゃいます。脱色クリーム向きの人というのは、ムダ毛が薄くて量の少ない人です。そういう人なら、うぶ毛のようにキレイに脱色することができるでしょう。

それに対して向かない人というのは、いわゆる「毛深い人」です。ムダ毛の太い人、またはワキ毛のような太い部分を脱色すると、別の意味で目立ちます。

脱色クリームを使う場合は、ムダ毛の濃い部分や多い部分を避けて、太ももとか二の腕などの比較的細いうぶ毛の生えている部分にしましょう。
背中とかおなか、またはお尻の部分など、そるのがたいへんなところに塗るのもいいかもしれません。

脱色クリームは塗るだけで、しかも均一に脱色できますから、カミソリなどに比べると安全で時間がかかりません。使う場所を考えて、ほかの脱毛方法と組み合わせてご利用になってください。